就労移行支援事業所ライフエールあつぎ

ライフエールあつぎicon

「記事」のご紹介♪

「記事」のご紹介♪

こんにちは。ライフエールあつぎブログ担当職員のSです。先週アップしたNさんの記事はいかがでしたか?今週はSさんが作成した「カレンダー撮影依頼」の記事をご紹介します。


カレンダー撮影依頼について


 ライフエールでは訓練の一環として一年を通してカレンダーを作成しています。カレンダーのテーマは厚木の名所で、様々な所に撮影に外出するほか、9月の写真には、近くのお店にお願いして商品などの写真を載せています。そこで、カレンダーに使用する写真の撮影許可をいただくため、4月10日と17日に直接お店へ伺ってお願いして来ました。

 カレンダーの企画も利用者主体で行っています。今回の依頼も、利用者でチームを組んで行うことに決まり練習がスタートしました。年明けから、まず皆で話し合い依頼の文言を考え、撮影時の写真の構図を考え、2月、3月には実際の依頼を想定した練習を、繰り返し様々なパターンで行いました。皆それぞれの体調があり、通所日がバラバラなので1回1回練習のパターンを変え、誰かの代役を立てて練習するのが大変でした。時には一人と職員のペアで練習することもありました。皆そろって依頼に行けたらいいなと思っていました。


 4月10日の夕方、私は厚木プレス様へメイン担当者として依頼をしに行きました。
 厚木プレス様は、ホームページで見ると厳つい店長の写真が載っていて、最初はすごく行くのが怖かったのですが、実際行ってみるとやさしく、とってもいい方ですぐに撮影許可をいただきました。
 私は考えていた実際の撮影時の構図を迷うことなく伝えました。お店の方は快く協力してくださり、撮影に入ることが出来ました。私は構図を確認し付添職員がシャッターを押しました。サポート役の利用者はお店の人とお店にいた亀の話題などで自然にコミュニケーションを取っていました。撮影に使用したおせんべいはサービスしていただけて、皆でおいしく食べました。


 依頼時、初めはお互い緊張していましたが、徐々にお店の人と和やかに会話が進み、円満にお願いも出来、撮影もできました。 お店の人も私たちに興味を持ってくれて、カレンダーが出来上がったらぜひ持ってきてください、楽しみにしていますとおっしゃっていました。
 また、17日には本丸亭様にも撮影依頼に行きました。店長は障害者施設にご理解のある方で、快く撮影を許可していただけました。料理は自分の世界に没頭できる職業だと話されていた店長はフレンチにも精通しており、師匠からは、料理人はお皿のキャンパスで絵を描く芸術家なので、休日には美術館に行くようにと指導されたそうです。また、何にでもチャレンジすることはいいことだ、とおっしゃっていたのが印象的でした。
 私は、本丸亭様では主にメモと、撮影構図を決める役を担当しました。お店は11時オープンですが、ラーメンの写真撮影ならスープが一番澄んでいる10時過ぎが良いのではと提案してくださり、21日の10時ごろに撮影に伺いました。撮影時は光がうまく当たるように向きを考えたり、箸を持った構図を提案したりしました。撮影後は店長のご厚意で箸や小鉢も渡していただき、撮影に使用した本丸塩ラーメンを皆で分けて食べました。春菊の香りとあっさりしていても味の濃いスープが麺と絡み合って、とてもおいしかったです。


 撮影依頼のために4か月間練習を重ね、皆の協力で今回の撮影が出来、皆のチームワークでお店の人とも円満にコミュニケーションが出来ました。今は無事終わってホッとしています。  
 普段、私はあまり飲食店にはいかないので、今回、お店の様子などがわかってよかったです。今度は個人的にも行きたいと思いました。

 
 今回撮影させていただいたお店の方には色々とご協力いただきまして、本当にありがとうございました。おかげさまでいい写真が撮れました。また、カレンダーが出来上がったら、お渡しに参ります。
ありがとうございました。

ライフエールあつぎでは利用者を募集しております。
見学、体験利用など、お気軽にスタッフまでご相談ください。
TEL:046-223-2030
lifeyell_atsugi@nokai.co.jp

担当まで

「記事」のご紹介♪ 関連記事

ページ先頭へ